ヒアルロン酸 バストアップ

豊胸手術について【ヒアルロン酸注入】

画像2

最近は、ヒアルロン酸を注射して豊胸を行うというやり方を実践する人が、増加しています。

 

短時間で済み、手術痕も残らない気軽な手術てあることが、ヒアルロン酸注入方の利点です。

 

人間の体にも、もともとヒアルロン酸はありますので、アレルギーが起きる可能性はありません。

 

そのため、ヒアルロン酸を体の中に入れても、何らかの問題が起きることはありません。ものの15分もあれば、バストアップをしたい場所にヒアルロン酸を注入することができます。

 

準備や、施術後の処理の時間などを入れても、45分くらいで済みます。手術痕がわかりにくいことも、ヒアルロン酸注入法の魅力です。

 

豊胸目的でシリコンを入れる方法の場合、どうしても皮膚にメスを入れることになります。豊胸の施術がヒアルロン酸の注入だけで可能なので、体に負荷がそれほどかかりません。

 

豊胸手術をした数時間後に、家に帰ることができることも、ヒアルロン酸注入法の利点です。大抵の場合、ヒアルロン酸を注射したすぐあとは痛みがあったり、腫れたりしますが、数日で緩和します。

 

豊胸手術をした時に傷みがあっても耐えられるようにと、施術後には痛み止めを処方してくれるというところもあります。

 

筋肉と、乳腺の間にヒアルロン酸を注入し、バストアップをはかることが基本的な豊胸方法ですので、授乳や、妊娠には、特段の支障は生じないようです。

 

どんな胸の形にしたいか、カウンセリングで希望を聞きながら、ヒアルロン酸を注入するポイントや、分量を、決めることができます。

 

豊胸手術が終わってからは普段どおりの生活に戻ることができますし、レントゲン撮影も一般の人と何も変わりません。豊胸をしたいという人は、ぜひヒアルロン酸の注入を検討してください。

豊胸のデメリット【ヒアルロン酸注入】

画像3

バストにヒアルロン酸を注射して行う豊胸術は、体に優しく、負荷が少ない方法として注目されていますが、注意点は一体何でしょうか?

 

人間の体の中にヒアルロン酸を注入することについては、アレルギーや、拒否反応の心配はないですが、それでも問題が発生する可能性があります。

 

ヒアルロン酸を体内に注入したことによってトラブルに発展する可能性がありますので、問題が起きたら即座に医者にかかりましょう。

 

人間の体は新陳代謝が行われていますので、ヒアルロン酸を注入しても、徐々に分解されて体外に出されてしまいます。

 

ただし、ヒアルロン酸を注入してバストアップをした場合、一定の時間が経過すると豊胸効果は失われます。

 

2、3年後には、ヒアルロン酸は体の中に完全に吸収されます。分子量の小さいヒアルロン酸は、2年くらいで吸収されます。

 

時間がたって小さくなった胸を大きくしたいのであれば、また、ヒアルロン酸の注入手術をしなければいけないという仕組みです。

 

ヒアルロン酸を注入することによる豊胸手術には副作用のリスクはありませんが、施術をするごとに費用がかかってしまうことは理解しておきましょう。

 

希望どおりの形やサイズでヒアルロン酸を注入してもらえるかどうかは、そのクリニックの持っている技術や症例経験に左右されます。

 

医師が適切な判断をして、ヒアルロン酸をどこにどのくらい注射すればいいかが正しければ、きれいなバストになります。

 

豊胸のためにヒアルロン酸を注射する方法は、利点も多いですが、気をつけるべき点も多々ありますので、それらを踏まえた上で、施術の決断をすることが重要です。

豊胸手術の内容【ヒアルロン酸注入】

画像1

女性の中には、自分の胸のサイズを大きくしたいからと、ヒアルロン酸を注入する豊胸手術する人がいます。

 

豊胸手術の中でも、ヒアルロン酸注入による方法は体に優しい方法だとされていますが、実際、どんな方法で施術をしているのでしょう。

 

ヒアルロン酸を使った豊胸手術を行っているクリニックの中から、どこを使うかをまず決めます。

 

ホームページで美容クリニックの施術コースを調べれば、一回にかかる料金や、どんな方法で豊胸手術をするかがわかります。

 

中途半端な表記がされているようなクリニックは、選ばない方がいいでしょう。どのクリニックがいいか決める時には、クリニックの口コミ情報を確認して、評価の高いサイトを探すというやり方もあります。

 

期待ができそうな美容クリニックを見つけたら、カウンセリングを受けて詳しい話をしてもらいます。

 

豊胸手術の方法を教えてもらうと共に、自分のバストをどう変えたいかを伝えて、具体的な施術の内容を明確にしていきます。

 

カウンセリングを受けてみて、対応は満足のいくものか、丁寧に説明をしてくれるかなどを確認し、場合によっては他のクリニックを探します。

 

一通りのカウンセリングが終わり、同意書ができたら、手術になります。豊胸のためにヒアルロン酸を注入する場合、事前に局部麻酔を施して、注射をしやすい状態にするようです。

 

しばらくは胸が張った感じが残るかもしれませんし、注射針の跡が残りますが、数週間ほどで痛みや張りはおさまります。

 

バストサイズを大きくすることに憧れがあるという人は、気楽に受けることができるヒアルロン酸での豊胸手術がおすすめです。